植毛の手術にともなう痛みがあるかどうか

植毛というのは、薄毛になった部分の頭皮に人工毛または自毛を植えこむという手術のことを指しています。

こうした手術は、昔から幅広く行われてきたもので、我が国でもそれなりの経験の蓄積があるため、安全性についてはかなり確保されていると考えることができるでしょう。しかしながら、植毛が外科的な手術である以上は、手術をしている最中、あるいは手術が終わってから、なんらかの痛みをともなうのではないかと、不安に思ってしまう人もあるはです。

愛知で受けられる植毛に関するご質問を解決いたします。

植毛手術のときには、頭皮に局所的な麻酔がかけられ、クリニックによってはさらに精神安定剤のようなものを投与して、患者の不安をやわらげるための努力をします。したがって、手術中に痛みで耐えられないといったことはほとんどなく、かえって無痛手術をうたっているようなクリニックもあるほどです。

手術直後については、麻酔剤などの影響で、場合によっては吐き気や気持ち悪さを覚える人もある可能性がありますが、これはじきにおさまります。

愛知県で自毛植毛したいんですけど…

植毛の手術後については、傷口から多少の出血や痛みがある人もあるようですが、これもそれほど重大なものではありません。

念のため、医師からは鎮痛剤を処方されることもあるはずですので、もしも痛みが気になるようであれば、鎮痛剤を飲むのもひとつの方法です。



なお、傷口を手で触るなどしてばい菌が侵入してしまった場合は、痛みや炎症がひどくなる場合もありますので、この場合は医師から抗菌剤などを処方してもらって、ばい菌の繁殖を抑えることが必要です。